暮らしを楽しむ。

4才と2才の子を持つ働く母です。家族時間、暮らしを楽しむ事を目標にしています。

断捨離してきた物たち。自分の物は9割以上捨てました。服・本編

断捨離を始めて3年近くが経ち、気が付くと自分の物は最初の頃から9割以上は捨てていました。


もともと物が捨てられない性格であったので、持ち物は多い方だったと思いますが。


「たられば」なんてあまり使わないけれど、1人暮らしの時に断捨離に出会っていたら、住む家はこじんまりしたワンルームで良かっただろうな…。なんて考えてしまいます(独身時代1LDKに住んでいました)。


でも今この断捨離に出会えて本当に良かったと思います。

辛い状況に置かれて始めた断捨離でしたが、今はその状況があった事に感謝しています。


今まで断捨離してきた物を紹介します。


・服
かなりの量を処分(リサイクル)しました。処分する基準として、外で友人とばったりあっても恥ずかしくない服以外は捨てました。最近は着心地にもこだわり、できるだけ綿100%の物を選んでいます。着る素材により、その人の精神状態が変わったりすると本で読んだ事があったからです。確かに綿100%はほっとします。服の枚数は数えると、28枚でした。気に入ったものはとことん着るほうで5年以上来ている物もあります。


・雑誌・本
日経ウーマンやOZプラスが好きでよく買って捨てられずにいましたが、よく考えると読み返す事もないので処分しました。どうしても残したいものは1冊に絞ってしばらく置いておきましたが、読み返す事もほとんどなくなり、捨てました。本も同様です。それから雑誌・本は買わずに電子書籍か図書館になりました。


・教科書
もう学生ではないのですが、専門職のため学生時代の教科書をかなりの数をもっていました。思い切ってすべて捨ててみましたが、調べたいことがあると、たいてい本屋さんかインターネットだったため一切困りませんでした。こうして本棚から私の本は消えていきました。笑



                                                         つづく


綿100%の多いおすすめのお店です







にほんブログ村